求人探しをサポートしてもらえるサービスもあります。

検索フォーム
新着記事
求人探しをサポートしてもらえるサービスもあります。

求人広告を作るときの苦労

求人広告の言い回しには色んな制約があります。男女平等を掲げている日本では、非平等な言葉を使ってはいけないとされているからです。しかし、企業が求める人材は必ずしも誰でも良いというわけではありません。例えば女性の募集をしたい時でも、男性からの応募を拒否する内容を書いてはいけません。では、どうすればいいのか。簡単な方法は、使いたい言葉をプラスの言葉に置き換えることです。

「○○だけ」や「○○のみ」など、限定する言葉というのは、どうしてもネガティブな言葉になりがちです。それをポジティブな表現に変えてしまえばいいのです。わかりやすい例で言うと、「女性スタッフ募集」という表現を「女性スタッフ活躍中」という表現に変えます。すると、見る側としてはどちらも女性スタッフの募集という内容に見えます。しかし、前記の表現は男性の募集を却下しているため、法律に触れてしまうのです。もちろん後記の表現で男性が応募してくることもあります。それは雇用側がお断りをすればいいだけの話であり、女性に向けてのアピールは可能なのです。そのような「言葉遊び」をしながら求人広告はできています。そういう見方をしてみると、ただの広告も楽しんで見ることもできます。